エアーは出るが、塗料が出ない(数回使用後)

Print

最初だけ塗料が出たものの、徐々に出なくなり、最後には全く塗料が出なくなってしまった場合は塗料の希釈が濃すぎてダマになってしまい、ノズルやハンドピースの内部が塗料で詰まっている可能性が考えられます。

塗料が出なくてエアーだけ出る場合、以下のようなことが考えられます。

1. ニードルとノズルの箇所が詰まっている
2. ニードルの位置が適切では無い
3. ハンドピース内の通路が詰まっているなどが原因です。

1. ニードルまたはノズルが汚れている、詰まっている

■ニードルの汚れ
使用しているとニードルの先に塗料が溜まります。布などで塗料を除去しながら塗装してください。希釈が足りないと、常に先端が汚れます。
■ニードルキャップ、ノズルキャップ内側、ノズルの汚れ
ニードルキャップ、ノズルキャップの内側に塗料が付着し正常に噴射できないことがあります。汚れると普段通り正常な噴射が難しくなります。汚れている部分を専用の工具や綿棒などで清掃してください。
最初に希釈の足りない濃い塗料を入れた状態で使うと、いきなりノズルが詰まってしまうこともあります。買ったばかりなのに塗料が出ない場合は塗料の希釈具合及びノズルが詰まっていないかも確認して下さい。

※塗料の希釈については【7:30〜】ごろから説明しております。

2. ニードルの位置が適切でない

ニードルを1cmほど後退させた状態でトリガー操作すると塗料がかならず出る状態になります。
ハンドルを外したまま、ニードルロックナットを緩めトリガーを押し下げてエアーを吹き出しながら指でニードルを前後させてみて下さい。
この時2cm以上ニードルを後退させてしまうと塗料がハンドピース内部に漏れ出してしまいますので前後に動かすのは1cm程度に留めて下さい。初期位置の時点でニードルが後方にある場合もございますので、もし買ったばかりなのに塗料が出ない場合はまずは一度前方向にニードルを押し込んだ状態から徐々に後退させてみてください。

※ニードルの位置調整方法は【10:30〜】ごろから説明しております。

3. ハンドピース内の通路が詰まっている

以上をお試し頂き、それでも塗料が出ない場合(既に一度でも塗料を入れた状態でご使用になった状態)はノズルか本体通路に塗料やゴミなどの付着、詰まりがあると思われます。
下記動画を参考に、分解洗浄(オーバーホール)をお願い致します。

また、パーツごとにツールクリーナーでつけ置きしていただくことも有効でございます。
日々、うがい洗浄やニードル洗浄を実施していても僅かに残ってしまった塗料が固着している可能性がございます。

合わせて、メンテナンスマニュアルも作成致しましたのでご覧ください。
※メンテナンスマニュアルの閲覧には取扱説明書に記載のパスワードが必要となります。

また、弊社では有償で点検修理を承っておりますが、点検依頼のおよそ半数が洗浄不足による不調でございます。
修理事例をご紹介しておりますのでよろしければご覧ください。

上記お試しいただき改善しない、あるいは修理・点検をご希望の場合は下記フォームよりお問い合わせください。

<ご注意>
※お電話でのお問い合わせにつきましては対応しておりません
※受付時間は平日10時~18時、土日祝はお休みとさせていただいております。
祝前日や連休中の夜間にご連絡いただくことが多いのですが、大変申し訳ございませんがご対応は翌営業日以降とさせていただきます。

前の記事 ハンドピースから塗料が漏れてきてしまう
目次